バラ

キャプテンピンク成長記録(木立性のうすピンク色のバラ)!育て方をブログに記録!

キャプテンピンク_アイキャッチ

描画速度を上げるために、記事を複数ページに分けています。
目次にはそれぞれページの内容だけが表示されます。

キャプテンピンク成長記録(木立性のうすピンク色のバラ)

2021年6月16日 ベイサルシュートの頂点の2番花が開こうとしています

き_キャプテンピンク_20210617_002

『バラのベイサルシュートの花は咲かせない方がいい』という話はよく聞きます。

ベイサルシュートがあまりにたくさん蕾をつけるので、全部つんでしまうのは可哀そうになり、咲かせることにしました。

き_キャプテンピンク_20210617_001

キャプテンピンクは昔からうちの家にいる古株なだけあって、背が高いです。

今年か来年、キャプテンピンクは私の身長を追い越すかもしれません。

2021年6月18日 二番花を部屋に飾りました

き_キャプテンピンク_20210618_001

キャプテンピンクがベイサルシュートの頂点に花を咲かせました。

私は、花を切り、部屋に飾りました。

キャプテンピンクのもともとあった古い株が勢いを失っています。

私がベイサルシュートの花をつまなかったのが、古い株が勢いを失った原因のような気がします。

秋になるまでは、キャプテンピンクの蕾をつんでいこうと思います。

2021年6月30日 株元に『根を育てる肥料』を撒きました

バラの家で『根を育てる肥料』を購入、今朝、さっそくすべてのバラの株元にまきました。

ついでにニームケーキも。

植物は、地上からは見えない根っこが1番大事!!!

根っこをコガネムシの幼虫などに食べられないようにしつつ、根をきちんと伸ばせる環境をつくらなくては。


キャプテンピンクは、今もベイサルシュートに2番花を咲かせています。

8月に咲くであろう3番花は、咲かせずに株をお休みさせようかなあ。

猛暑の環境では、株を育てることに集中してもらった方がよい気がする。

そうそう、キャプテンピンクの背がだいぶ高くなってきました。

私の顎くらいまであります。

キャプテンピンクの背が高くなってきて、ようやく、『キャプテンピンクはスリムな樹形なんだなあ』ということがわかってきました。

モデル体型。

2021年7月9日 キャプテンピンクに身長を越される

ベイサルシュートがどんどん上に伸びるキャプテンピンク。

なんと、キャプテンピンクが私の身長を越しました。

背の高い枝と、そうでもない枝の差が激しい。

どこかのタイミングで長すぎる枝を、他の枝と同じくらいの長さに剪定しようと思います。

2021年8月28日 キャプテンピンクの葉が葉ダニで傷んだ

キャプテンピンクの下の方の葉が葉ダニで傷んでいた。

傷んで光合成ができないであろう葉を、ハサミで切って、捨てた。

上の方の葉に、なにかの虫のフンがあった。

希釈したニームオイルを葉面散布した。

株元にはニームケーキと、根を育てる肥料と、宝菌満作をまいた。

キャプテンピンクは、庭に植えてから、株元が太くなったし(木になった)、背も伸びた。

でも、背丈のわりに葉っぱが少ない。

少し、疲れ気味に見える。

しばらく様子をみよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

1 2 3 4 5