バラ

バラの薬剤(殺虫剤、殺菌剤)の系統まとめ!ローテーションの時に思い出す!

バラの薬剤(殺虫剤、殺菌剤)の系統まとめ!ローテーションの時に思い出す!

バラの殺虫剤

有機リン系 オルトランGF水和剤・乳剤・粒剤
スミチオン乳剤
マラソン乳剤
トクチオン乳剤
ガットサイドS
合成ピレスロイド系 ベニカX
園芸用キンチョールE
抗生物質系 アファーム乳剤
澱粉系 粘着くん
ネオニコチノイド・チアニコチル系 ダントツ水和剤、オルトランDX粒剤、ベニカXガード粒剤
澱粉系 粘着くん
ネオニコチノイド・クロロニコチニル系 モスピラン水和剤

多すぎる…。

なんてややこしいんだろう。

とりあえず、殺虫剤でいうと

  • ネオニコチノイド・チアニコチル系(クロチアニジン):ベニカXガード粒剤
  • 有機リン系:オルトランGF水和剤・粒剤、ガットサイドS
  • 合成ピレスロイド系(ベルメトリン):園芸用キンチョールE

は既に使いました。

2021/9/23に有機リン系のガットサイドSを枝で塗り、オルトランGF粒剤を土に混ぜ、
2021/9/26に有機リン系のオルトラン水和剤を噴霧器で散布、

している。

有機リン系が連続してしまったなあ。

まあ、仕方ないか。

次回はトクチオン乳剤(1,000倍希釈)をトップジンM水和剤(2,000倍希釈)と一緒に散布しようと考えていたのですが、
トクチオン乳剤も有機リン系ですね。

うーーん、有機リン系ばかり連続して平気なのかなあ?

謎。

トクチオン乳剤は、結構高いですよねー。

500mlで3,000円。

1リットルで1ml利用するわけだから、500mlだと500リットル分か~。

1回の薬剤散布で4リットル散布するとして、500リットル÷4リットル=125回分ですね。

まあ、そんなもんかー。


バラの殺菌剤

ベンゾイミダゾール系(治療薬) トップジンM水和剤
ベンレート
有機硫黄(予防薬) ジマンダイセン水和剤
有機塩素系(TPN) ダコニール1000
A:核酸合成代謝 – PA殺菌剤(フェニルアミド) リドミルゴールドMZ
項目名 ここに説明文を入力してください。

とりあえず、過去に散布した殺菌剤の薬剤系統は、奇跡的に重複していなかった。

今後は、

  • 台風通過後にバラに無数の傷がついていそうな場合:リドミルゴールドMZ
  • 秋バラの時期に病害虫が気になる場合:トップジンM水和剤(2000倍希釈)+トクチオン乳剤(1000倍希釈)
  • 月1回;ベニカXガード粒剤とオルトランGF粒剤を土に混ぜ込む

を散布する予定です。

2021年の薬剤散布は、さすがに10月で終わりにしたいなあ。

11月は、落葉するわけだし、もういいんじゃない?

でも、12月まで咲くバラも中にはあるから、11月も薬剤散布をした方がいいのかなあ。

あーあ、面倒くさいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村