バラ

マスク着用で植物の株元を三つ目鍬でほぐし、バチルス菌を入れた(2021年9月28日)

マスク着用で植物の株元を三つ目鍬でほぐし、バチルス菌を入れた(2021年9月28日)

秋晴れで気持ちの良い朝。

午前中、千葉県はにわか雨が降るらしい。

20210928_天気

今朝は、農薬対策でしっかりとマスクを装着したうえで、バラの土の表面を小型の三つ目鍬でほぐした。

なんでも、土というのは年月が経つと、土と土の間が詰まって、固くなるそう。

三つ目鍬というのは、こういう(↓)道具のことで、これの小型バージョンを百均(セリア)で購入した。


一時期は調子が悪かった庭のバラたちだが、赤い新芽をどんどん出し、元気を取り戻してきた。

うれしい。

うれしいぞーーーー!!!!

やはり、人間がきついと感じる季節(梅雨、梅雨明けの猛暑、ゲリラ豪雨、秋の長雨)が、植物にとっても厳しい季節で、弱りやすいんだろう。

バラの根や葉や花を食べる虫も、活発に活動するし、花を咲かせるのに体力も使う。

もしかすると、薬剤散布の効果もあったのかもしれない。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村