バラ

耐病性が強いで有名なクードゥクールとノヴァーリスの中苗をバラの家で購入(2021年10月1日金)

耐病性が強いで有名なクードゥクールとノヴァーリスの中苗をバラの家で購入(2021年10月1日金)

クラピア_20211001_002_吹き出しあり

アーチ手前のエリアにバラを植えたら、さぞかし立体感のある庭になるであろう。

ということで耐病性が強いで有名な

  • クードゥクール
  • ノヴァーリス

の中苗をネットで購入した。

どちらもバラの家でタイプ0(薬剤散布する回数が月0回)となっている。
ニームケーキ&ニームオイルあたりで害虫にさえ気をつければ、元気に育ちそう。

近所に隣接したエリア(=噴霧器による薬剤散布は迷惑になるのでできない)に植えるバラは、やはり強健種の一択だなあ。

ガブリエルなタイプ4(月4回の薬剤散布が必要)なんかは、とてもじゃないけど、植えられない。



手前にクードゥクール、

フェンス近くにノヴァーリス(樹高 150cm~180cm)を植えよう。

ノヴァーリスは初の紫いろのバラで、

クードゥクールは初の一重のバラ。

あの強健のモッコウバラ・宇部小町・チェリーボニカでさえ、タイプ1(薬剤散布する回数が月1回)なのだから、
クードゥクールとノヴァーリスは、よほど病気に強いんだなあ。

とはいえ、新しい環境になじむまでは株が弱ったりするので、ちゃんと注意してみていないといけないけど。

あわせて購入予定のもの

  • 土どめ(どめどめシートという商品名らしい)
  • やまもと土づくり研究所の土

少しでもバラを高い場所に植えるために、土止めをし、盛り土をしたところにバラを植えようと思う。

こうしたら、少しは黒点病の被害が減るのではないだろうか。

どめどめシート、これは高さが15センチ。まあ、これでもいいけど。


高さが27センチもあるものもある。

高さが27センチもあると、かえって邪魔かなあ。

しかも、たった5メートルで4,000円以上する。高い。


やまもと土づくり研究所の土はここで買えます。

やまもと土づくり研究所

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村