インドアで振り返る

薬を飲み忘れたら、電車内で動悸とめまいで動けなくなり、駅員室で休んだ(2022年12月4日)

で_電車

■天気

曇りのち晴れのち曇り

最高気温 15度、最低気温 5.5度

日の出 6:35、日の入り 16:26

午前中は、気持ちのよい晴れだった。

爽快な気分で朝5時半に目覚め、意気揚々とお出かけ準備をした。

帰宅時に部屋が片付いていた方が心地よい。だから、きれいに部屋を掃除し、整理整頓した。

珍しくばっちり化粧もした。

しかし、行きの電車の中で、動悸とめまいで気持ち悪くなってしまい、津田沼駅で途中下車し、駅の医務室で休ませてもらった。

医務室のパイプベッドで、じっとしているとだいぶ楽になった。

揺れている電車ではなく、揺れていない場所にいられるのが、ありがたかった。

予定していた外出先に出かけるのは無理があるような気がした。

楽しさへの期待で膨らんでいた気持ちはぺしゃんこに潰れ、意気消沈して帰宅した。

静かで明るい部屋で、息をひそめて昼寝をした。

庭で、

  • 寒咲きの黄色い水仙をとセダムを鉢植え
  • 鉢の紫のスーパーアリッサム(だいぶ形が崩れてきた)を地植え
  • 濃いピンクのラナンキュラスを地植え
  • オレンジ色のかれんじゅら(そう名札に書いてある)を鉢植え
  • バラの枯れた葉をとる

をした。

ローズマリーの葉で紅葉している場所を覗き見ると、花が咲いていた。

他にも蕾がたくさんあった。

ツボミがあるのは、葉っぱが赤いところだけ。不思議だ。

少し前に植えたスーパーアリッサムは、少し大きくなってきたと思う。

父親の部屋の窓からみえる小道が、花で埋まるといいな。