植物たち

オデュッセイア(バラ)成長記録

お_オデュッセイア_アイキャッチ

オデュッセイア(バラ)成長記録

オデュッセイアとは?

オデュッセイアとは?

日本のバラ育種家・木村卓功(きむら たくのり)さんが2013年に発表したバラの花です。

とても良い香りのシュラブ樹形のバラです。

  • 作出:2013年 日本 木村卓功さん
  • 系統:シュラブ
  • 花色:紫がかった深赤
  • 花形:波状弁咲き
  • 花径:中輪
  • 芳香:強香
  • 樹形、樹高:直立、1.6メートル
  • 開花:四季咲き
  • ブランド:ロサオリエンティス

オデュッセイア、涼しい時期に咲く花と、暑い時期に咲く花で、花の色が違うんですよー!!!!

うちの庭のオデュッセイアは直径3~4センチくらいの大きさかなあ。

花をたくさんつけます。

庭にいるとオデュッセイアの香りが漂ってきます。本当にうっとりするような美貌のバラです。

百聞は一見に如かず、こういうバラです。

2021年6月3日 新しい葉がたくさん出てきました

1番花をたくさん咲かせたからか、あまり枝は成長していなかったオデュッセイア。

花を咲かせるのにエネルギーを注ぐタイプなんだなーと見守っていました。

最近になって、だいぶ新しい葉がでてきました。

お_オデュッセイア_20210603_001

2021年6月21日 2番花が咲きました

1番花は紫が強い赤紫色でした。
1番花の写真を撮っておかなかったのが残念。

2番花は赤が強い深紅です。

きれいだし、香りもよくてうっとりします。

お_オデュッセイア_20210621_002

美しい!!!

葉っぱも花も小さめで、樹形もスリムで、人間に例えたら、小柄で華奢なのにセクシーないい香りのするお姉さん!!!

お_オデュッセイア_20210621_003

別嬪さんだなー。

季節によって違う花色を見せてくれる、色々な魅力を秘めたバラ。

お_オデュッセイア_20210621_001

こちらが株全体。

オデュッセイアの後ろにあるのは、キュウリやらミニトマトやらナスならの野菜です。

ミニトマトはたまにカラスに食べられてしまいます。

のどかだなあ。

お_オデュッセイア_20210621_004

オデュッセイアを早速部屋に飾りました。

2021年6月23日 部屋に飾ったオデュッセイアが赤紫色に

お_オデュッセイア_20210623_001

咲くにつれて花色が変わる、この不思議。

蕾の時はほぼ黒色で、咲きかけると深紅で、咲き切ると赤紫色になります。

それにしてもいい香り。

2021年6月29日 上からみたオデュッセイア

お_オデュッセイア_20210629_001

バルコニーから庭を眺めても、オデュッセイアの美しさが目立ちます。

だんだん緑の地面を覆ってきました。

2021年6月30日 雨が降る前に切り花にしたオデュッセイア

お_オデュッセイア_20210630_001

これから何日か雨が降り続くみたい。

河本バラ園のバラのような病気になりやすいバラを育てている人は、鉢バラを雨の当たらない場所に避難させるので大変なんだろうなあ。

番外編:ロサオリエンティスのバラ

ロサオリエンティスのバラ

ロサ・オリエンティスは、バラ育種家の木村卓功さんのブランドです。

日本の育種家さんだけあって、日本やアジアの高温多湿な気候でもよく育つバラが多いです。

個性的なバラが多いと評判!!

ロサオリエンティス、熱烈なファン多し

シャリマーが大人気みたい。