バラ

アンナプルナ(バラ)成長記録!育て方をブログに記録!

あ_アンナプルナ_アイキャッチ2

描画速度を上げるために、記事を複数ページに分けています。

アンナプルナ(バラ)成長記録

アンナプルナはどんなバラ?

アンナプルナはどんなバラ?

アンナプルナは、フランスのドリュ社(Dorieux社)の開発した白バラです。香りがいいので有名。

  • 【花色】白
  • 【花期】四季咲き
  • 【樹高・樹形】1.0m×0.8m
  • 【花径】8cm
  • 【花形】丸弁高芯咲き
  • 【香り】強香

百聞は一見に如かず、アンナプルナの写真はこちら。

真っ白な大きな花が魅力的です。

うちのバルコニーのアンナプルナ新苗はまだまだ咲く気配はありません。咲いたらいい香りがするんだろうな~。今から楽しみです。

アンナプルナは樹形も小さいので、鉢で育てやすそう。

ちなみに名前の由来はネパールのアンナプルナという山なんだって。

この山↓

そういえば、ネパールレストラン(インド料理とほぼ同じ)でアンナプルナという名前のところを、どこかで見たことがある…。

アンナプルナの耐病性は?

バラの家のサイトを見ると、『タイプ2 ときおりの薬剤散布が必要』(タイプ0~5)になっています。

めちゃくちゃ強健種というわけではなさそう。

以下、バラの家から抜粋

樹勢 ★★★☆☆
うどんこ病 ★★★☆☆
黒星病 ★★★☆☆
耐陰性 ★★☆☆☆
耐暑性 ★★★☆☆

私は、アンナプルナを新苗から育てています。

期間:2021年5月末~ 3か月
育てている場所:午前10時半から夕方まで直射日光の当たるバルコニー(夏)

うどんこ病になったのは、まだ見たことがないです。

黒点病には、何度か、かかっています。すべての葉が落ちるほどの黒点病にはなっていません。数枚の葉に、黒い点がでる程度。

晴れている日であれば、直射日光が7時間は当たる環境なので、耐陰性はわかりません。

バルコニーの環境が過酷というのもありますが、耐暑性はあまりない印象です。

梅雨が明けてからは、猛暑で下の方の葉っぱがよく黄変しています。

葉が黄色くなっても、株自体が枯れるということはありません。

2021年5月21日 アンナプルナの新苗が到着、さっそく別の鉢に植え替え

アンナプルナが届き、テンションのあがった金曜の夜でした。

強風の中、さっそく別の鉢に植え替えました。

あ_アンナプルナ
1 2 3 4 5 6 7 8 9