草木にまつわる日記

納豆菌とニームオイルを葉面散布、傷んだ葉をとり、つるアイスバーグを誘引(2021年9月14日)

【朝】納豆菌とニームオイルを葉面散布、傷んだ葉をとり、つるアイスバーグを誘引(2021年9月14日)

今朝は曇り。
天気予報は曇りのち雨。
最高気温 26度、最低気温 22度の予想。

明日の予報が雨のち曇り。

涼しくて、庭に出る気がおきたので、今朝は

  • 納豆菌とニームオイルを葉面散布
  • 傷んだ葉を手で取る
  • つるアイスバーグを途中まで誘引

しました。

誘引する時に手袋をつけていると紐が結びずらいので、手袋をはめません。

なので、誘引している途中に、何度かトゲが刺さりました。

まあ、いいや。

葉面散布しながら、傷んだ葉をとりました。

  • 黒点病
  • ハダニ
  • 虫食われ

の葉ばかりで、健康な葉っぱが少ないの、なんのって。

ため息が止まりません。

傷んだ葉を取るのが仕事なんじゃないだろうか。

リオサンバはリオサンバで、

ものすごく多くの蕾が虫に食べられています。

虫の名前、忘れてしまいました。

ツボミの真ん中に丸い穴をあける虫。

濃いニームオイルの雨を降らせたので、少しは収まるのかなあ。

大興貿易のニームオイルの匂いがきつすぎてげんなりしたので、レモン香のニームオイル『NewニームアクトLG(100ml)』を購入し、数日『NewニームアクトLG(100ml)』を葉面散布してみました。


これ、いい香りだけど、庭の虫の忌避効果はイマイチでした。

撒かないよりは、庭の虫が減るような…気がする…程度です。

バルコニーの鉢バラに関しては、『NewニームアクトLG(100ml)』を葉面散布すると、虫が来なくなります。

庭の虫が、目に見えて減るのは、ダイコーのニームオイルです。

指にダイコーニームオイルがついて、匂いが取れなくなると、もうげんなりですけど。


今朝嬉しかったのは、多くの花を咲かせているリオサンバの中で、すごくシックな色合いで美しく咲いている花があったこと。

リオサンバは、花1つ1つ、色合いが全然違うのですが、今日見つけた花は美人だったなあ。

株の内側にひっそり咲いていました。

早速、切り花にして飾りました。

8月上旬にバラがたくさん咲いた時は有頂天でしたが、

その後のガーデニングは、ため息が95%、喜びが5%です。

日曜、自分の方針を変え、ダコニール1000を撒きましたが、しょせんは黒点病の予防薬。傷んだ葉は何も変わらずです。

化学農薬を許容するのであれば、まだ葉がきれいなうちに、予防薬を撒かないとだめなんだなあ。でも、化学農薬、嫌だなあ。

【夕方】えひめAI-1を葉面散布(2021年9月14日)

えひめAI-1が届いたので、嬉しくなり、アンナプルナとイングリッドバーグマンに葉面散布した。

雨が降っているのに葉面散布して、またもや黒点病が広がる疑惑。

鉢バラの枝を振って、葉の水滴を落とし、バルコニーの雨があまり当たらないところに鉢を移動した。

まあ、雨が横殴りになったら、そんなことしても無駄ですけどね。

今夜のしとしと降る雨だったら、少しは変わるかも?

ビニールハウスで育てているバラは黒点病にならない、と聞いたことがあります。

結局、雨だよねー、黒点病は。

今日、農薬3セット(ジマンダイセン水和剤、トップジンM水和剤、オルトラン)が届いたんですが、ダンボールをあけて、未開封の農薬を手にしただけで気持ち悪くなってしまった。

おそるべき毒。

体が毒に反応しているというよりも、心理的な拒絶反応かもしれない。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村