バラ

昨日から雨。寒い。鉢バラに透明ゴミ袋をかぶせ雨カバーに!黒点病対策(2021年10月13日)

い_イングリッドバーグマン_20211013_001

昨日から雨。寒い。鉢バラに透明ゴミ袋をかぶせ雨カバーに!黒星病対策(2021年10月13日)

今日の天気

昨日から、少し雨が降っている。寒い。昨日よりも寒い。

20211013_天気予報_001

朝から気持ち悪い。

もうすぐインビザライン矯正を開始し、間食できなくなるので、その生活に慣れるため、無理やり朝ご飯を食べた。

朝はげんなりしていて、食べたくない。

でも食べないと昼前におなかがすき、間食したくなってしまう。

結局、雨に当てないのが最良の黒点病(黒星病)対策!透明ゴミ袋をかぶせた

結局、バラを黒星病(黒点病)にしたくないのだったら「雨に当てないのが1番」なんですね。

京阪園芸チャンネルの小山内先生も、薬剤散布をせずに、鉢バラを温室に移動させただけで、鉢バラの黒点病が収まっていますもんね。

バラを雨にあてない。

これにつきる。

い_イングリッドバーグマン_20211013_001

というわけで、バルコニーの鉢バラ・イングリッドバーグマンに透明ゴミ袋(45リットル)をかぶせました。

45リットルだと小さいみたいで、花首が曲がってしまっているが、ほかに袋がないので、今回は仕方がない。

明日には晴れるらしいので、晴れたらすぐにゴミ袋を外します。

庭も黒点病に弱いつるアイスバーグも、雨の日は特大ビニール袋を買い、上からかぶせ、下の方を紐で結わこうと思う。

こういうの(↓)。


さすがにアーチ仕立てのピエール・ド・ロンサールにビニールをかぶせるのは厳しいけど、

オベリスク仕立てのつるアイスバーグ・オデュッセイアや、

木立性バラなら、いけると思う。

全部のバラに雨のためにビニールをかぶせるのは面倒だから、黒点病に弱いバラだけにだけかぶせようかなあ。

やるだけやって、様子を見てみます。

台風のような強風を伴う雨だと、風でビニールが飛んでしまうような気もします。

やってみないとわかりません。

いつまで続けられるのかもわかりません。

梅雨の時期なんか、毎日ビニール袋をかぶせることになりますしねー。

余談:河本バラ園のバラを無農薬栽培している内田さんも雨に当てていない

河本バラ園のバラを無農薬栽培している内田さんも、雨に濡れると病気がでてしまうから、雨の時は鉢バラを軒下に避難させると言っていますね。

バラ初心者としては、

「植物のくせに、雨にあたると病気になるだと…?」

と感じてしまったりしますが、まあ、そういうものなんでしょうね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村