雑記

自分が死んだときにやることをリストアップしよう(2021年12月28日火)

し_死_インドア万歳_アイキャッチ3

まずは、やることを洗い出し、そのあと、整理する。

◆亡くなった場合の準備
不要な銀行口座やクレジットカードを解約しておく。

生命保険に加入しておく。(私がいなくなっても、家族が生活できるように)
家族が代理で保険を請求できるようにしておく。
加入している保険をリストアップしておく。

健康保険証、年金手帳・証書、保険証券、パスポート、個人番号カード、銀行届出印、をまとめて家族が見つけられる場所に置いておく
年金手帳とか、使う機会が少ないので、置き場所を知らない。(…勤務先に預けた気がする)

銀行口座をリストアップしておく
自分が死んだ時に銀行口座の中身を家族に渡す準備をしておく
銀行預金が凍結されないようにしておく

死亡時の連絡先をリストアップし、家族に渡しておく。(通夜や葬式の連絡先)
・学生時代の友達
・勤務先
・趣味の友達

家系図を用意しておく
本籍、生年月日

LineやMessengerでのやり取りが多いので、意外と連絡先を知らないんだよなー

遺言書を残しておく(弁護士のサイン付きのものがあるらしい)

お墓と葬儀社を決める

葬儀

利用しているサブスクリプションの洗い出し
停止するための手続き
不要なサブスクリプションは解約しておく

パスワードなどの保管をどうするか…

◆長生きをした場合の準備
個人年金保険を探しておく(会社が定年になってから、年金+厚生年金を受け取るまでの間にブランクが生じる可能性があるため)

公的年金以外に必要な資金の目安を出す

●生活費の不足分
86.4万円×20年間=1,728万円

●リフォーム費
100万円

●自動車購入費
200万円

●医療費
300万円×2人分=600万円

●葬祭費
150万円×2人分=300万円

◆終活の勉強をする

リースバック
リースバックとは、ご自宅を売却して現金化、売却後も住み続けることができるサービスです。
住み慣れた自宅で生活しながら、まとまった資金を調達することが可能です。
セゾンのリースバックでは、お客様の大切なご自宅をセゾンファンデックスが買い取り、お客様は賃貸として退去せず住み続けていただけます。
セゾンファンデックスが買主となり、直接お客様のご自宅(不動産)を購入いたします。