バラ

ジャストジョーイ(バラ)成長記録!育て方をブログに記録!

じ_ジャストジョイ_2022-05-30_001

描画速度を上げるために、記事を複数ページに分けています。

ジャストジョーイ(バラ)成長記録

ジャストジョーイはどんなバラ?

ジャストジョーイはどんなバラ?

ジャストジョーイは、イギリスのRoger Pawseyさんが1972年に作出したあんず色のバラです。

香りがいいので有名。

1994年に第10回ニュージーランド・クライストチャーチ大会で世界ばら会連合の栄養の殿堂入りをしました。

  • 【花色】アプリコット(オレンジ系)
  • 【花期】四季咲き
  • 【樹高・樹形】120cm~150cm
  • 【花径】巨大輪
  • 【花形】半剣弁高芯咲き
  • 【香り】強香<(ティーにフルーツ)/li>

百聞は一見に如かず、こちら。


ジャストジョーイの耐病性は?

バラの家のサイトを見ると、『タイプ2 ときおりの薬剤散布が必要』(タイプ0~5)になっています。

月2回の薬剤散布ということだと、ある程度は手がかかるんでしょうな。

以下、バラの家から抜粋

樹勢 ★★★☆☆
うどんこ病 ★★★☆☆
黒星病 ★★★☆☆
耐陰性 ★★☆☆☆
耐暑性 ★★★☆☆

なんせ、ジャストジョーイの作出が1972年、薬剤散布が前提でバラ栽培をしていた時代だ。

近年作出された、病気にめちゃくちゃ強いバラのようにはいかないんだろう。

2021年4月 母親がジャストジョーイ新苗を購入

正確な日付は忘れてしまった。

2021年4月、母親が近所のホームセンターでジャストジョーイの新苗を買ってきたのだ。

記憶があいまいだけれど、庭に植えたばかりの新苗のジャストジョーイは小さく、「これで花を咲かせたら体力が持たなさそうだ」と思って、つぼみは摘んでいた…ような気がする。

私は、新苗にくくりつけられていた開花した写真を見ても、特別に美しいとは思わなかった。

これがおお間違えだったことが、あとでわかる。

2021年8月4日 はじめて開花したジャストジョーイを部屋に飾る

ジャストジョーイがはじめての花をつけたので、切り花にして部屋に飾った。

びっくりするくらい美しい花だ。

じ_ジャストジョイ_20210804_003

2021年11月28日 ジャストジョーイを日当たりのよい場所に移動

リオサンバが予想外に大きく育ち、ジャストジョーイに日が当たらない。

太陽が足りないからだろう、ジャストジョーイがヒョロヒョロになってきた。

苦労しながら、ジャストジョーイを日の当たる場所に移動した。

1 2