インドアで考える

暖房費(エアコン)を節約する方法!窓に一工夫?!扇風機を利用?

だ_暖房費

暖房費(エアコン)を節約する方法!窓に一工夫?!扇風機を利用?

はじめに

在宅勤務なので、1日中家で過ごすこともあり、真冬に気になるのは暖房費(エアコン代)です。

どんな節約方法があるのか、考えてみました。

大まかな分類分け

まず、暖房を使うか、使わないかで、節約の仕方が違ってきます。

私の住む千葉県では、部屋の中は割と暖かい(15度以上)ことが多いので、衣服を工夫することで『暖房をつけない』という選択肢もあります。

しかし、北国に住む方は、暖房をつけないという選択肢はないと思います。

それぞれの節約方法を考えてみました。

暖房(エアコン)をつける場合の節約方法

扇風機を併用する

ファンを真上に向けることのできる扇風機(サーキュレーター)があるそうです。

あたたかい空気は上にたまりがちなので、天井にたまったあたたかい空気を循環させることができると、かなり暖房効率がよくなるかと。

洗濯物を干している部屋で、洗濯物の下に設置すれば、洗濯物の乾きもはやくなるうえに、部屋の湿度もあがります。


二重窓(内窓)をつける

今の窓に新しい窓を取り付け、二重窓(内窓)にすることで窓の間の空気層が断熱性能を高まります。

また、二重窓にすることで気密性が高くなり防音効果の期待もできます。


実際、私の部屋の西側の窓を二重窓にしています。

二重前にする前と比較すると、暖かくなりました。

窓から逃げていく熱が減るので、暖房効率も上がっていると思います。

設置するのが、ちょっと大変ですけれども。

 

窓にプチプチの断熱シートをつける

プチプチは空気の層ができるので、ただのシートよりも断熱効果が高いです。

ただ、外の景色は見えなくなる…。


暖房(エアコン)をつけずに済むようにし、節約する方法

衣服を着こむことで、ある程度の室温がある環境であれば(室温13度とか)、暖房をつけずにいられると思います。

とはいえ、あくまで「ある程度」です。

室温10度とかなら、暖房をつけた方が健康のためにいいと思います。

超厚手シープボアレギンスを履く

これ、私自身も履いていますが、本当に暖かいです。

シープボアレギンスを履くようになってから、今のところ、暖房をつけていません。


80センチのレッグウォーマー

私は、シープボアレギンスの上に、このレッグウォーマーを重ねることが多いです。そうすると、抜群の温かさです。

暖房をつけなくて済みます。

混んだ電車など、暑い場所に出かける時は、普通の暑さのストッキングの上にレッグウォーマーを重ねることもあります。

パンプス+ストッキング+レッグウォーマーの組み合わせだと、なんとなく、ロングブーツを履いているような外見になります。


まるでこたつソックス+シルクの5本指ソックス

足先が寒い時は

  • シルクの5本指ソックス
  • まるでこたつソックス

を重ねます。

まるでこたつソックスは、本当に暖かいです。

履くとホッとします。

ただ、まるでこたつソックスのみだと足先が蒸れるので、下に通気性のいいシルクの5本指ソックスを履いています。



キルティングの巻きスカート


これがあるのとないのでは、腰回りの温かさが全く遅配ます。

UNIQLO極暖シャツ


アームウォーマー

在宅勤務時に手がかじかまないように。


シャツ

シャツ単体では、特に暖かくありません。そう、単体では防寒グッズではありません。

しかし、セーターの下にシャツを着ると、空気の層ができるからでしょうか、だいぶ暖かいです。

なので、シャツも実は身体を温めるには、必須だと思います。

防寒からはズレますが、セーターからシャツの襟がでていると、好感度があがる印象です。




丸首セーター

トレーナーも暖かいですが、身体をさほど動かさない日は、トレーナーよりもセーターがあたたかいなーと思います。



着るこたつ

「着るこたつ」なるものもありました。



世間の人々の暖房費(エアコン)節約方法!

電気毛布

なるほどね。

私も寝る時は使っています。


ビニールカーテン

ビニールカーテンを使っている方もいるようです。